水だんご

mizudango生地地区に古くから伝わる庶民的な食べもの。名水で冷やすところから、「水だんご」と名がつきました。
上新粉に片栗粉を混ぜて蒸し、これを棒状にしたもので、食べる時にあめ玉ほどの大きさに切り、黒部の名水でさっと洗って、その上に砂糖入りのきな粉(大豆粉)をかけるという簡単なものです。昔は「ダゴ屋」と呼ばれる水だんご茶屋が並び、夏場になると町内外の若い人でにぎわいをみせていたそうです。各家庭においても、七夕やお盆や夏祭りなどのお供え物や家族の食用として水だんごが作られていました。今では夏場に限り製造され、黒部市内の商店等で販売されています。
  • 黒部観光ガイド 黒部市生地中区361黒部市コミュニティセンター内 0765-57-1101
  • カネソ食品興業 黒部市吉田439-1 0765-56-9292
  • 昌栄堂 黒部市三日市1078-1 0765-54-0002
  • 魚の駅「生地」 黒部市生地中区265 0765-57-0192 
水だんご

top